虹の橋のたもとで。

アクセスカウンタ

zoom RSS 老猫ゆきちゃんの癲癇発作

<<   作成日時 : 2017/03/28 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 10

3月28日  久しぶりの青空。気温も青空に相応しく14℃。

薔薇の鉢を風除室から明るい日差しの中に出しました。


                      



昨日 (3月27日)

ユキちゃんが発作を起こすようになって 9日目の朝のこと


ユキちゃんのカマクラが本来の場所から

50cmくらい離れたところに、転がっていた。


深夜、中で寝ている時 発作が起きようです。


6:00の時点で、いつもの朝と変わらない

様子をしていたところをみると

発作の後 2時間以上は経過している筈。


私が寝室に引き上げた00:00から3:00の間に

ゆきちゃんは6回目の発作を起こしたみたいです。



夜は部屋のストーブを消して寝ます

彼女のカマクラの下に

小さなホットカーペットを敷いてはあるものの

冷えた部屋の片隅で 発作を起こし発作から

覚めた小さい彼女が戸惑っている姿を

想像すると心がいたみます。


画像



発作のたびに視力や聴覚が衰え

記憶が飛ぶようになっているらしく 発作後に


部屋の中を確認するようにぐるーっと歩き回る。

トイレの場所も解らなくなり探し回っているらしい彼女に


もしかして トイレ 探してる?、、、、と


抱きかかえてトイレの砂の上にそっと置いた途端

気持ちよさそうに 用を足した。 


発作で記憶が飛んで なにがなんだ解らず

戸惑いながらも、必死にトイレを探しまわるゆきちゃんの

健気さに胸がいっぱいになる。





粗相をしても ゆきちゃんのせいではなくのだから

うんちもオチッコも何処にしたっていいのに


                     


癲癇症状が現れた当初、彼女は案外しっかりして、

従来通り、泣き叫び、我儘いっぱい自己主張をしていたが

3度目の発作を起こしたころから 先に書いたように、

様子が微妙に変わってきました。




ゆきちゃんの発作メモ


最初の癲癇を13日深夜に起こしていたようです。

3月18日→09:00
      →14:05




3月21日→23:50

前回の発作から 3日と9時間後に発作。



3月23日→19:45

前回の発作から 1日と21時間して発作を起こした

ゆきちゃんの抱っこの要求がなくなりる


朝から晩まで 抱っこをせがんでいた彼女が

ぴったりと、抱っこを返上し、 お膝ニャんニャン卒業か

おそらく、認識障害の症状が出てきたらしい。

私の事もやがて忘却の彼方なのかな。



3月27日→0:00〜3:00の間と思われる。

前回の発作から 3日後に 発作。


3月28日 現在のところ発作無し



お勝の癲癇発作を経験していますが

猫の発作時の対処がいぬとは意外にも違いました。


お勝の場合、

「発作初めに強く呼びかけ正気に戻す」でした。 これは

発作が睡眠中に起き、目覚めている時は発作が起きなかったからです。


で、 お勝は車による長時間の移動(通院)の間も発作を起こさなかった。

ただひとたび発作を起こした後に現れる、徘徊は1時間2時間に及びました。

この徘徊は悲惨としか言いようがありませんでしたが



猫の癲癇発作の場合(ユキちゃんの場合)は


発作中 呼びかけない事

部屋を暗くしてあげる。

静かに見守り、体に触れたり、抱こうとしない。


以上のことが大切だとか。



また 感じたことですが


同じ癲癇発作でも お勝は体重23Kであり 

ゆきちゃんは体重2.4K、25歳の老猫ですから

若い猫と比較しても 発作の動きが小さく静かに感じられます

同じ全身発作ですが、見守る側として冷静に注意深く、

次に為すべきことを考える心のゆとりを持てるのはありがたいです。


しかし、全速疾走をしたと同じ負担を25歳の

彼女の心臓に与えていることにかわりはなく

発作が何事もなく治まってくれるよう見守っています。


発作から覚醒したとき、ゆきちゃんは 呆然としています。

発作が 2日〜3日の間隔でおきるようですが

今後、どのようになってゆくのか 全く予想できません。


最後まで読んでいただいて有難うございます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
夜中に一人我に返ったゆきちゃん、おトイレを探すゆきちゃんを思うと切ないです。。
青空さん、発作が治まるまで見守るのも心が痛いでしょう。
お辛いですよね。。
ゆきちゃんも青空さんも、頑張れ、頑張れ!
やんやん
2017/03/30 03:26
青空様
こんにちは
ゆきちゃんの発作を事細かに整理され記録されている青空様
その状況を思い描きながら拝見する私も胸が痛みます
目の当たりにされている青空様はもっとですね・・・
早く朝晩の冷え込みが少しでも和らいで
ゆきちゃんが心地よく過ごせるといいですね
ゆの
2017/03/30 05:59
やんやんさん。
コメントありがとうございます
今一番つらいのは、深夜、一匹ぽっちの時に起こす発作です。お勝の時はそれが嫌で、逝くまで二人交代で添い寝をしたんですけど、もう、体力が続かないのでしないことにしました。お勝ほど発作後の徘徊が酷くないのが救いになってます。心配してくださってありがとう。
青空
2017/03/30 22:53
ゆのさん。
訪問してくださってありがとうございます。
最期に立ち会うのは、いつも悲しいです。
この子たちと暮らせてとっても幸せでした。
優しい気持ちになることが出来ました。
笑顔になることが出来ました。
精一杯、心を込めて 看取らせてもらおうと思ってます。
コメントありがとうございました。
青空
2017/03/30 23:25
本当に長く一緒に幸せな日々を送って
きたゆきちゃんと青空さん一家ですもの
深夜の発作・・・・本当に辛いものが
ありますよね!

今までお空に見送った子達も青空さんに
自分の人生(犬生、猫生)を託して
感謝して逝ったことは、確実です。

ただ看取るほうはその何倍も
心を使いますよね!

でも、ゆきちゃんは長生きで本当に
優しい、気持ちのよい、心豊かになる
毎日をくれてるんですものね!

癲癇発作の間に何が起こっているか
人間でも分からないと、教え子
(学校で教えていたものですから)
たちが言っておりました。
何千人も教えていましたが、3人の
生徒が癲癇持ちでした。

ゆきちゃんもシューベルトと同じで
自分に何が起きたのか、わかっていないと
思います。

ですから、夜中はしっかりと眠って、
体力温存して下さいね。

暖かい日があったり、寒い日があったり
する手羽先地方ですが、そちらはまだ
寒いのでしょうか?
どうぞゆきちゃんたちのために
お身体十分気を付けて下さいね!
ショパンワグナーシューベルトブラームスま...
2017/04/01 00:53
つらいですね。でもちゃんとゆきちゃんの心を理解してあげている、すばらしい!よかったね。ゆきちゃん。こんなママがいて。
ののはな
2017/04/02 22:30
心身共にお疲れでしょう
頑張っているゆきちゃんのため
頑張ってください
すーちん
2017/04/05 08:19
ショパンワグナーシューベルトブラームスままさん
コメントありがとうございます。
まさかの25年間のお付き合いになりました。
ゆきちゃんは男の子2匹、と一緒の三つ子で生まれました。
男の子たちは10年以上前に亡くなり、ゆきちゃんだけがこそこそこそーと生きながらえたといった感じです。小さくて食が細くって、臆病な割に大胆な行動力で、10日間くらい返ってこない事がざらでした。あまり帰ってこなくて「今度こそ死んだのかもしれない、、、」と心配したものでした。
なのに、痩せもせず怪我もせずそ〜っと帰ってきて、私たちを呆れ返させたものです。ぶーぶーとゆきちゃんは親子そろってエピソードの絶えない子で思い出いっぱいの仔です。
今日はリードを付けて日向ぽっこの散歩をしました。
人間と同じで痴ほうの進行を防ぐためなんですよ(;一_一)
我が家はまさに老々介護ですね。リードを持つ私の方が腰が曲がっておりますわ。
わっ!先生だったんですか。それとも現在進行形?
何らかのかたちで人の人生に関わるお仕事は責任重大ですが素晴らしいお仕事ですね。
お勝が発作を起こしたとき、癲癇闘病のブログを読みあさりました。時折 動物ではなく癲癇発作を発症する子や夫と共に暮らす方、あるいはご本人の闘病ブログに出会い、とても勉強になりました。時と場所を選ばない発作、意識のないときに見られたくない姿を晒さなければならない恥辱と悲しみ、悔しさを綿々と綴ったブログに胸が押しつぶされました。
お勝は犬。ゆきちゃんは猫。私さえ看取る覚悟さえできていれば、いいのですから。それでも、彼らが自らの歴史を閉じて私から立ち去ってゆく姿にため息が出ます。
青空
2017/04/05 13:14
ののはなさん
コメントありがとうございます。
不遜ではありますが人間を看取る思いと比べますと楽なものですね。それは物理的に楽ということではなく、彼らはたた可愛く、他意がなく、愛おしい存在ですから。あらんかぎりの想いでみつめてしまいます。対象が人間だとなかなかこうはゆきませんでした。(−−〆)ペットには優しくできるのですが、、、駄目な私です。
青空
2017/04/05 14:29
すーちんさん
訪問いただいて有難うございます。
お庭、花ざかりですね。
当地は草花はイチゲ、カタクリ、ショウジョウバカマ、花木は梅、花桃のお花位です
一昨日は3回も発作を起こしガッカリ。
でも今日は、日向ぽっこのお散歩をリードを付けてしたんですよ。渡す入りしっかりした足取りでした〜
老々介護 頑張ります。
青空
2017/04/05 14:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
老猫ゆきちゃんの癲癇発作 虹の橋のたもとで。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる