虹の橋のたもとで。

アクセスカウンタ

zoom RSS 田舎で暮らしてます。 どうしましょう(その二)訂正追記あり

<<   作成日時 : 2016/11/08 22:39   >>

トラックバック 0 / コメント 10

11月8日  穏やかな秋の日で終わるかな〜と

期待していたら昼過ぎから突然の大降り。

やっぱり 秋の空だわさ

画像



                  


「どうしましょう」 と 

軽いタイトルのわりに重い内容でして。




5日 土曜日 

幼い子が事故死する現場にであいました。


週末の買い物に出かけた ジャスコの駐車場。


いつものように入り口近くに車を止めて

車を出た途端、泣きさけぶ女性の声と

異様な雰囲気を不思議に思いながら

入口に向かって、初めて起こっていた事が判った


玄関スペースと駐車スペースの境の辺りに

若い母親がぺたっと座り込んで

鼻と口からおびただしく出血した

2歳くらいの男の子を仰向けに膝に抱き

悲鳴を上げ、その子の名前を呼んだり、ゆすったり

「死なないで」「どうしよう」と半狂乱で繰り返していた。


その親子のすぐ横に黒い軽が後ろ向きに置かれ

運転していたらしいこれもまた若い母親が携帯で

誰かと話していたが、話し終わると戻って来て

泣きさけんでいる母親に向かって云った。

「ごめんね、ほんの一瞬、目を放してしまって、、、」

謝られた被害者の母親が答えて云った。 なんと

「いや、私が悪いの。私が注意していれば、、、」


状況とこの会話から推しはかると、

仲の良い二人の若いお母さんが子供連れで

一台の軽自動車でジャスコに買い物に来て

起こしてしまった事故らしかったが、


事故に至った詳細な事情は知る由もない

当然のことに正確な事情などその筋に任せるとして


上記の三行を削除し以下に捕捉致します。



場所にそぐわない程の二人の静かな会話から

二人は仲の良い友達か、姉妹(義理の姉妹)ではの

印象をうけましたが、加害者と被害者でした。

訂正してお詫びいたします。なお末尾にて

地元の報道をコピーいたしましたので

関心がおありの方はお読みください




通りすがった者の責任として、ただ泣きさけぶお母さんに

血液が気道を塞ぐのを避けるため横向きに抱き

脳内出血を考え体をゆすらないよう言い聞かせていると、

脈診のできる方が表れた。それを機に、

私は店内のカウンターに走った。



私が知る限りでも10分以上たっているにかかわらず

ジャスコ側の担当者なり責任者が表れない事に


こちらの管轄内である駐車場で人身事故が

起きていることを把握しているのか

被害者の子供は意識不明で母親は半狂乱でいるのに

こちらの対応はどうなっているか

警察と救急車の手配はしてくれたのか


カウンターに着くや否や 問い詰めていた。


                  



私は今の時代をなかなか理解できないでいる。

解らない事ばかりで、どうしましょう なのです。


もう少し書き連ねたいのですが、

このくらいでやめておいた方が無難なのかも。


最後まで読んでいただいて有難うございます。


                  

メディアから抜粋し追記いたします。


2歳男児はねられ死亡、新潟
商業施設の駐車場

 5日午後3時35分ごろ、新潟県○○市富岡の商業施設「イオン○○店」の駐車場で、同市三田新田、宮本航伎ちゃん(2)が同市土橋、美容師植木雪乃さん(26)の軽乗用車にはねられた。
 全身を強く打って病院に運ばれたが、約1時間後に死亡した。

 県警○○署によると、航伎ちゃんは母親と一緒で、駐車場内の横断歩道付近を通り掛かった際にはねられた。
 同署が詳しい状況や事故原因を調べている。

 
関係記事の表現の違いが気になるところです。

@ 「駐車場内の横断歩道を横断中」 と
A 「駐車場内の横断歩道付近を通りかかり」


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
衝撃的な場面に遭遇したのですね! どうしたらいいのかわからない母親に対して、良いアドバイスをなさったと思いますよ。けがをした人を揺さぶるほど危険な動作はないのです。知らない人はついやってしまうのですが、それが原因で亡くなることもあります。
若いお母さんが軽自動車を扱う時に、玩具感覚で動かしているのではないでしょうか?何度か日本でそういう感覚ではないかと疑ってしまうことがありました。
男の子はどうなったのでしょうか?気になります。命が助かるといいけれど…・。
arara
2016/11/09 05:18
大変な場面に遭遇されましたね・・・

私の職場も駐車場は広く
車の出入りがとても激しいです。
駐車場での接触事故も多々ありますが

会社の所有するフェンス、車止め等への
損害が無い場合、当事者同士の話し合いになるんです。

「駐車場での事故に関してはナントカカントカ・・・」
そういう看板もよく見られますが、まさにアレですね。

しかし人身事故の場合は違います。
ジャスコさんの対応も腑に落ちません。
加害者と被害者の親はお友達のようですし
それも辛いですね。

タイトルを拝見してそのお子様は・・・
とても心の痛む事故に遭遇された青空さんも
いつまでも気にかかる事になったと思います。
りんごママ
2016/11/09 12:07
こんばんは。
気持が重くなることに遭遇されて、、何と言ってよいやら、。しかし、店側の対応に??しか浮かびません。なぜ迅速に対応できないのでしょうか??
怒りさえ感じます。
JK
2016/11/09 20:05
お早うございます
悲しい場面に遭遇されましたね
半狂乱の母親、店の対応に
ビックリですね〜
お子さんどうなったでしょうね〜
高次脳機能障害になっても
可哀想です

すーちん
2016/11/10 08:26
あぁ、あぁ、本当にその子の事を思いますと
息をするのがやっとになります。
もし、もし、我が子のブラームスだったら
っと、思うと涙がとまりません。

そのお母さん、そしてお友達・・・・
あぁ、そのお母さんのお友達、
もう生きているのがイヤでしょうね。

青空さんは、正しい事をすぐに率先して
やられる事ができる方なのだぁって
感心しております。

辛い現場に居合わせてしまった青空さんの
心が心配です。

お店の対応の酷さには唖然です。

どうか、どうか、青空さん、
落ち込まれませんように・・・・・

海ちゃんだけは、守ってあげて下さいね。
って、大きなお世話でした。
ショパンワグナーシューベルトブラームスま...
2016/11/10 21:10
araraさん。
コメントありがとうございます。
事故に会われたお子さんは私がカウンターに走り戻って直ぐ呼吸が止まり脈診した方が人工呼吸をしてくれました。そのあと、救急車が来て病院へ。報道によりますと「40分後死亡しました」とありましたが、それは医学的に死亡が確認されたということであって、
人工呼吸をした時点で亡くなっていたという事だと思います。被害者、加害者、企業(ジャスコ)が個々に為すべきことをしてさえいればあの子は死なずに済んだ筈ですよね。
青空
2016/11/13 09:51
りんごママさん。
コメントありがとうございます。
あの日は土曜日でしたので、車の誘導整理員もガードマンも定日より多く勤務しているにかかわらず、通報が遅れ対応が後手に回っていました。また、お客様の便宜を図るためのカウンターが広い店内の片隅に追いやられ玄関から遠く、玄関前で起きた事故にも拘らず通報なしに知ることが出来ないのは問題だと思うのです。
あの日はよく晴れた日でしたが風が強い日でした。
母親の膝に抱かれていましたが、母親は動転してただ泣きさけぶだけ、衣類の一つも掛けてもらえずさぞ寒かっただろうな、冷たかったろうなと、心が痛みます。
青空
2016/11/13 10:31
JKさん。
コメントありがとうございます。
母親の膝に抱かれている意識がなく子をみた時、ああ〜、お人形さんみたいに小さいな〜って思いました。
幼い子の命は本当に儚いですよね。
何人もいるガードマンはいったい何をしていたものやら。最初からその場を目撃し見守っていた方によると警察と救急車が来るまで30分以上掛かったそうです。企業は来店していただいたお客様の身に何事もなくお帰り頂く事に心をもっと砕くべきだと思うのですが。
青空
2016/11/13 10:50
すーちんさん。
コメントありがとうございます。
この子はあの場で呼吸がとまり人工呼吸をしてくださった方がいたのですが亡くなりました。そのあと救急車がきて病院へ運ばれてゆきました。ストレッチャーに乗せられたあの子は、とても小さくて、、、
青空
2016/11/13 10:59
ショパンワグナーシューベルトブラームスままさん。
コメントありがとうございます。
二人の若いお母さんは、友達ではなく、被害者と加害者でした。二人の会話があまりにも穏やかでお互いのの立場を思いやったふうの会話でしたので、見守っていた方の殆どがお友達同士と勘違いしてしまい、私もその一人でした。
海はとても臆病で、すぐパニックになり、どこに逃げるか分からない子なので、お出かけの時は二重リードで、車から全く出さない様にしてるんです。途中のおしっこタイムも同じ場所でさせないと怯えてきょろきょろ不安そうにするので気を使います。
オシッコをすますと海は「ここで、捨てられたら大変」とでもいうように、死に物狂いでリードを引いて戻って来るんです。捨てられたとき きっと 車から降ろされ、置き去りにされたことがトラウマになっているのかもしれませんね。
コージィとお勝を二年ごとに見送って、やっぱり、海には神経質になります。
青空
2016/11/13 11:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
田舎で暮らしてます。 どうしましょう(その二)訂正追記あり 虹の橋のたもとで。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる