虹の橋のたもとで。

アクセスカウンタ

zoom RSS 田舎で暮らしてます。ハルちゃん

<<   作成日時 : 2016/10/03 19:17   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 103 / トラックバック 0 / コメント 10

10月3日 稲刈りのシーズンなのにお天気に恵まれず

雨の中の稲刈りになり たいへんそうでした。

今年はお手伝いの元気な声も聞こえず

寂しい収穫の秋模様でした。

画像



晴れたら海のシャンプーしたかったのに

生憎の曇り。雨まで降りだして

シャンプーは当分の間見送りかな。


                  


あ〜〜あ、2週間もお休みしちゃいました。

でも 私 頑張っているんです。

上手く説明できないのですが

頑張っているのは「早寝 早起き」なんです。


簡単なんですよね、、、

その簡単なことが出来なくなるのです。

寝れない事で生活に支障がなく

余病が出ていなければ

な〜んてことないのですけどね。


それでも、一週間のうち2日くらい

早め(23時30分頃)にベットにはいっても

その後、

ギンギラギンになることなく

うつらうつら眠りに入れる事もあり

行きつ戻りつしながら入眠障害が

改善されるといいな〜と

少し頑張っております。



                    


コージィが逝って3年8カ月

ハルちゃんが逝った。

コージィが二回 亡くなったように思えて切なかった


はるちゃんは、

お空のコージィと私を繋ぐ糸のような存在でした。


画像




ハルちゃんに初めて会ったのは

2011年、秋の穏やかな昼下がり。岐阜大駐車場でした。

イチョウが綺麗に黄葉していたのを覚えている



あの日、ブログ読んでいます、、、と

初めて 二人の方に話しかけられた


それが 

ハルちゃんとパンちゃんの保護者さん

まさのりさん(富山県)とパンタさん(浜松)でした。


ハルちゃんは

ふさふさ毛並みのきれいなワンで

犬種をお尋ねしたら「ボーダーコリー」と。

犬種に疎い私は綺麗で敏捷そうな

このワンちゃんに見とれてしまった。


風もなく長閑な秋の夕暮れ 

病状や治療の成り行きを 案じつつ励まし合ったあの日

頑張りましょうね。お大事にね とお別れしたけど

二度と再びお会いすることはなかった。


コージィが一年後の秋、力尽きて逝き、

その一か月後にパンちゃんが逝った。


                    


コージィが逝った後も 折に触れて

まさのりさんのブログを尋ねました


それは

わけもなくコージィが思い出されたときや

お勝の闘病に影がさし不安になったときに

何故か「はるちゃん 元気にしてるかな」と

思い出されその度にブログを訪問し 

キッカちゃんと平穏に過ごすはるちゃんに

「生きてる、元気に 生きている」と安堵した

画像

↑はるちゃんとキッカちゃん


今考えると


元気なはるちゃんを目にすることで

2011年秋、午後の陽ざしに長い影を落としながら
 
はるちゃんと、パンちゃんと、コージィをそれぞれ連れて、

お話したあの時間に戻りたかったのかもしれない。


コージィが生きていたあの懐かしい時間

訳もなくコージィの生存を信じていた

あの秋の夕暮れの中に戻りたかった



                  
 


秋に始まったコージィの通院は翌年の秋で

コージィの死という形で終わったけれど



はるちゃんは大病を乗り越え、この四年間を元気に過ごし

放射線治療後の生存は一般的に長くて2年位とされていますから

岐阜大にとっても はるちゃんは驚異的な存在だったに違いない。


’15年12月 中頃 順調だったお勝の体調が下降線をたどり

ふっと はるちゃんが 思い出された 「元気にしてるかな、、、」 と


尋ねたはるちゃんのブログに


「12月14日、はるの誕生日です。12才になりました。」


わ〜っ はるちゃん 12歳か〜すごい  と思いかけたのに


「先月、血尿を見つけて、病院で検査の結果、

悪性の腫瘍とのことでした、、、」と続いていた。


恐れていたものが こんなかたちでやってきたのだ

ショックで言葉もなく ブログを閉じていた。




岐阜大の駐車場で

言葉をかわしたあの日から4年8カ月


はるちゃんはお空に駆け上って行った。


はるちゃん お空はどうですか。



まとまりのない文章を

最後まで読んでいただきありがとうございます。




             

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 103
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

お友達のハルちゃん、亡くなったんですか。
ご冥福をお祈りします。
寝つきが悪いんですか。
あんまりそうだと、ちょっと薬をもらってもいいかもしれませんね。
トトパパ
2016/10/04 09:45
トトパパさん
コメントありがとうございます。

たった一度、会っただけのはるちゃんが 私にとって
この様に大切な存在になろうとは、その時 思いもしなかったのですから、縁とは不思議なものですね。
お医者さんと相談して色々試してはいるのですが、、、
お薬を止めるとまた元の状態に、、、の繰り返しで。
体内時計が狂うと戻すのが大変です。
青空
2016/10/04 13:06
青空さん、ご無沙汰しております。
浜松のぱんたです。

覚えていてくださって有難うございます。
私も岐阜大でコージーちゃんとハルちゃんにお目にかかった日のことは昨日のことのように覚えています。
あれからもう4年が経つのですね。

ハルちゃんのブログは存じませんでしたので、あの時にお会いしたとても綺麗なボーダーコリーさんはどうしているだろうかと、時折思い出していました。

飼い主のまさのりさんはハルちゃんを大切にされている様子がひしと伝わってきて(岐阜大にいる飼い主さんは皆そうでしたね)、私も病を抱えるペットの飼い主として温かい気持ちと切ない気持ちが交錯したことを覚えています。


その後の4年間、ハルちゃんは頑張ったんですね。
とても驚きました。
まさのりさん、しばらくはお辛いかと思いますがハルちゃんはまさのりさんのところで幸せでしたね。
ハルちゃんのご冥福をお祈りします。

そちらは間もなく冬支度ですね(私は県をまたいで隣の市出身ですので気候の様子は分かります ^ ^)、青空さんもご自愛ください。
ぱんた
2016/10/05 11:55
こんばんは。
はるのこと、気にかけていただいてありがとうございました。
あの頃患っていた扁平上皮癌は、再発はなかったのですが、昨年末に発症したのは乳腺からの悪性腫瘍でした。
自分も、青空さんの様子が気になってブログ訪問してました。
写真は大丈夫ですよ。
あの時撮ったコージィちゃんの写真、一枚だけあったので載せました。
パンちゃんのことも覚えてますよ。
ぱんたさんもお元気ですか?
ブログはいろいろあって、やめようかとも考えたのですが、気が向いたときに更新するようにしてます。
青空さんも、ブログ閉じるなんて言わずに、頑張って更新しましょうね(^^
まさのり
2016/10/05 23:57
ぱんたさん
ビックリしました。
ブログ読んいてくださったのですね
嬉しくて涙じんわりぽろぽろでした。
コメントをいただいて本当に驚きました。
覚えていてくださってありがとう。

あれから4年じゃなく5年ですよ〜
本当にお久し振りですね。
たった一度、お逢いしただけですのに
不思議な不思議なご縁になりましたね。

パンちゃんとぱんたさん、はるちゃんと
まさのりさん。そしてコージィと私たち
あの秋の暮れなずむ陽ざしの中の、
3匹と3人の情景がコージィを思う時、
いつも目に浮かぶんです。

何度もメッセージ頂きましたのに
返信を差し上げずにごめんなさい。
ずっと気にしておりました。
私は抗ガン治療を止めることが出来ず
コージィにつらい思いをさせた
気がしています。あの時パンちゃんの
抗がん剤治療を中止したぱんたさんは
正しかったのではと思っています。

はるちゃんが逝ってそろそろ3か月
まさのりさんも少しずつ元気回復でしょうか

ぱんたさんもお元気でね。
気が向いた時、コメントくださいね。
青空
2016/10/06 16:53
まさのりさん
ぱんたさんのコメントに大感激し大泣き。
翌6日朝、PCを開きましたら、
今度はまさのりさんからのコメント。
「11年秋の日」の3人が5年という
時間を経て揃ったんですね。
拙い内容ですがUPして良かったです

コージィは鼻腔内腫瘍で岐阜大に通院し7回の放射線治療と10回の抗がん剤投与でその後も再発していませんでした(解剖所見)治療を終わった直後、メラノーマ、形質細胞腫(血液の癌)を(原発)発病しました。鼻腔内腫瘍の治療がとても良い結果でしたので、主治医の女性の先生がとても落胆しされたのを今も覚えています。
その後、亡くなるまで岐阜大に通うことに成り、可哀想なことをしました。
結局、パンちゃんもコージィも
はるちゃんも、最初に発病した病気でなく
違う病気を発病して逝ったことに
成りますけれど、動物医療は
まだまだ進展の余地を残していますね。
コージィの写真またお借りしました〜
コメントありがとうございます。
青空
2016/10/07 16:52
こんにちは、題目の間違いのご指摘ありがとうございます。我が家も何故か中型のシェルティと小型のダックスフントを飼ってました、それぞれ老衰で10年前、5年前亡くなり、それから飼うのをやめてます、今は写真だけです。
Yoshi
2016/10/08 11:08
yoshiさん
表題の誤字でしたので、お知らせした方がいいかと。
札幌を離れ24年が経ちました。
6月の帰省の折、街中で迷子になりました
札幌はホームグラウンドだと
思っておりましたのでガックリ。
今は純血種のワンが捨てられる時代になりました。
可愛いですよ。成犬ははずれがありませんから
お供の話し相手に如何ですか。
青空
2016/10/14 15:35
入眠障害ですか。わたしも長年それで苦しんでいました。仕事に行かなければならないので、朝8時15分には会議が始まるので、なんとか・・・と焦るとますます朝が近くなる。でも空が白々とするとほっとして眠ってしまう。
 で、今は退職して、さあ薬とはおさらばか、と思っていたのに、なんと年寄になると運動量が足りないのか、なかなか眠くならない。で、朝4時頃寝る生活になって、やっと反省。決意して今は、10時台に風呂、11時台にはベットへという決意。(11時からいいホルモンだ出るって言われて)眠れなくても本をよんでゆったりを心がけ、眠れなかった日も遅くとも8時半には起きて、活動します。庭仕事がハードで3〜5時間やります。で、夜には少し眠気を感じます。入眠障害はつらかったので思わず書きました。まあ気持ちをゆったりもたれて、タイプもあるからと思ってがんばってね。わたしの父も宵っ張りで朝がダメで、ああ夜の仕事になりたいと。あはは・・・
ののはな
2016/10/24 16:03
ののはなさん
コメントありがとうございます。
「眠れないくらいで、そんなに辛い?」なんて言われますけど、眠りは生活の基本ですから、すべてが狂っていく辛さがありますね。10代の時から夜更かしのタイプ。夜が更けるにしたがって、シャッキリピンピンで仕事がはかどるし、集中力、理解力もアップしたかのように(笑)なって。でも、私の場合、一番いけなかったのは、いつでも、正常な睡眠値に戻れるとたかをくくっていたことでした。
しっかり根付いてしまった不規則な暮らしは私の体内時計を狂わせていたんですね。狂ったまま固定した体内時計を正常値に戻すのは、同じくらい時間が罹るかもですね〜
ゆるりゆるり参ります。夜のお仕事?お〜っ 私もお誘いください。
青空
2016/10/26 10:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
田舎で暮らしてます。ハルちゃん 虹の橋のたもとで。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる